NEWS / MEDIANEWS MEDIANEWS MEDIA

[ 2014/01/29 ]

『MASSIVE』最新号Vol.13 kyoとマイケル・モンロー!夢の対談が実現!!

kyoとマイケル・モンロー

『MASSIVE Vol.13』の巻末特集(全15ページ!)を飾っているこの対談取材が実現したのは、マイケル・モンローがジャパン・ツアーのために来日していた昨年2013年11月のこと。東京公演の会場となった恵比寿リキッドルームの楽屋をkyoが訪ねる形で行なわれている。

HANOI ROCKSのデビュー当時から、すなわち30年来のマイケル・ファンであることを公言しているkyoにとって、彼はロック人生の出発点ともいうべき存在。しかし注目したいのは、これがいわゆる“憧れ対談”では終わっていないことだ。オリジナリティの重要性を説くマイケルと、kyoがまっすぐに向き合うことができたのは、現在のkyo自身が自己のオリジナリティについて揺るぎない自信を持ち合わせているからこそ。

また、実は過去にもマイケル・モンローとの対談歴を持つ彼だが、それはD’ERLANGERが復活に至る以前のことであり、取材後、彼は「今回は、D’ERLANGERのkyoとして彼と会うことができたのが何よりも嬉しかった」と語っていた。
具体的な両者のやり取りは誌面をご参照いただくとして、最終的には「次回は対談ではなくステージ上での共演を」という話にまで発展した両者の会話。さて、それはいつ、どんな形で実現することになるのか? それが現実になる日を妄想しながら、まずは3月1日に開幕を迎える全国ツアー『D’ERLANGER TOUR 2014 #Sixx -69-』に注目したいところだ。(文:増田勇一)

kyoとマイケル・モンローの夢の対談が巻末特集で15ページに渡って掲載されている、“生きざま”を伝えるロック雑誌『MASSIVE』最新号Vol.13(シンコー・ミュージックMOOK)は絶賛発売中!

○『MASSIVE』最新号Vol.13(シンコー・ミュージックMOOK)

http://www.shinko-music.co.jp/main/ProductDetail.do?pid=1639553